こらえるのに必死

b0007815_17542087.jpg 久しぶりに朝もやを見ました。出掛けにマンション8Fの通路から見下ろす街がいちめん霞んでいて。バス停留付近の松林も、もやに包まれて浮世絵にありそうな風景。それにしても暖かいですね。確か先週はそろそろコートを着ようかと迷った日が何日かあったはずなのに。冬は何処へ?珍しいもやといい、この気温といい、何かの予兆なのかな、と柄にもなくふと考えたりもします。
 翻ってオフィスにて。仕事の合間にちょっとプライベートメールを読んでいたら、面白いリンクの記載がありました。「ゆかいな誤変換」─パソコンの漢字変換が偶然生み出す、思わず笑ってしまう誤変換を集めたサイト。同様のサイトはたまに見かけるのですが、このサイトは誤変換そのものの面白さもさることながら、端的ながら鋭い選者のコメントにダメ押しされて思わず爆笑してしまいそうになるのです。一応お仕事中なもので、結構こらえるのに必死だったりして。ほら、こんな具合に。

【正】 先行投資
【誤】 閃光と牛 

#牛、覚醒

【正】 徳川の埋蔵金
【誤】 徳川のマイ雑巾 

#出てきてもガッカリ

【正】 届け物で~す!
【誤】 トド 獣で~す! 

#確かに

【正】Q:初めまして。お取引きしたいのですが?
   A:入金が確認でき次第 発送致します。
【誤】Q:初めまして。お取引き死体のですが?
   A:入金が確認溺死大発送致します。 

#死にすぎ

【正】幼稚園児 
【誤】夜討ち園児 

#父親のかたきを取るために

 短いコメントにエスプリが効いてますよねー。さーて、お仕事、お仕事。

出典:ゆかいな誤変換---僕の見た秩序


[PR]
by arly1970 | 2004-11-02 18:59 | 日記


<< ベイビー・リリー 琴の調べを聴いた夜 >>