いちばんたいせつなもの

b0007815_19373242.jpg

曇り空の ためらいがちな朝焼け
ぼんやりと眺めながら ひとり考える
この世の中で わたしにとって
いちばんたいせつなものは なんだろう
わた菓子のように 空にたゆたう
うっすらと色づいた雲を 見ていたら
たいせつな たいせつな
よく見知った顔 浮かんでは消えた
[PR]
# by arly1970 | 2004-10-24 19:37 | 詩・散文

音楽つながり

b0007815_073739.jpg 南武線沿線に住む、アーリーが以前所属していたバンドのコーラス嬢ゆき夫妻のお宅へ遊びにお邪魔しました。
 旦那様は、彼女がバンマスを務めるもうひとつのバンドのキーボーディスト。寡黙で優しさのにじみでる素敵な方。それに加えて、同じバンドのベーシストふぢ氏とその弟君の5名で飲んでおしゃべりしての楽しいひとときを過ごしました。持参した沖縄特産泡盛に合うようにと、ゴーヤチャンプルーを用意していてくれたことには大感激!気配り上手の彼女ならではのおもてなしでした。

 ちなみに、ゆき嬢を除く彼らとは、インターネットの掲示板を通じて文字のお付き合いはあったのですが、顔を合わせるのは今日が初めて。なのに初対面の感じがさほどしないのは、やはり音楽という共通言語のなせるわざか。
 日頃なかなかできないベーシスト談義。同じベーシストのふぢ氏とできたのは嬉しい体験でした。

 気がつけば夜もふけていて、思いがけず遅くなってしまったため、本日もケータイからのお手軽ブログにて失礼をば。もう少しで我が家到着デス。

b0007815_075278.jpgTo.ゆき夫妻
今日は遅くまでお邪魔しました。散らかしっぱなしでごめんなさい。お食事どれも美味しかった。旦那様、途中で差し入れてくれたペッパー風味のチーズ、美味でした。最後に出してくれた稲庭うどんも絶妙デシタ。
11月のライブ楽しみにしているよ~。
右photoはゆき作、ハロウィーン生花。Jack O' Lanternもキュート。
[PR]
# by arly1970 | 2004-10-23 23:56 | 友人

バッテリー依存症

b0007815_1820492.jpg 参った。商談の際、次のスケジュールを確認しようとして慌てた。手元のスケジュール表が真っ黒なのだ。と言っても、売れっ子タレントのように多忙だからという訳ではない。電子手帳の画面が点灯しないのだ。予期せぬバッテリー切れ。えらくブートに時間のかかるパソコンを起動しないと予定さえ確認できないとは・・・全く情けない。
 自他共に認めるITグッズフリークである。なかでも電子手帳の類は10年ほど前から(当時は初代ザウルスPI-3000)肌身離さず持ち歩いている。昨今では「パームトップコンピュータ」という洒落た呼び名があるようだ。(てのひらにのるコンピュータという意味ですね)
b0007815_1913041.jpg アーリーが今使っているお気に入りは、ソニー製のCLIE PEG-TG50というモデル。コンパクトで薄型軽量ながら、イザというトキのキーボードも付いていてなかなか使いやすい。
 基本機能は、スケジュール帳(photo右)、電話帳(名刺帳としても使える)、メモ帳、TO DOリストである。最大のポイントはパソコンのデータと簡単にシンクロナイズ(同期)できること。クレードルと呼ばれる充電器を兼ねた台座についたボタンを押すだけで、パソコンにインプットしたデータはクリエに送られ、クリエにインプットしたデータはパソコンに送られ、常に両者が同じデータを保持することが可能になる。これ、とっても便利で一旦使うと手放せない。(photo右下はPC用のOutlookのスケジュール帳画面。ぴたりと同期が可能。)

b0007815_1921020.jpgb0007815_19481764.jpg また他にも様々なソフトが使用可能である。毎日使っているのはMP3プレイヤー(photo左)。メモリースティックを搭載しており、ヘッドホンステレオとして使える。小さいながらスピーカー再生も可能。またちょっとしたムービーも再生できるし、ボイスレコーダーとしても使える。辞書機能もある。
 さらに魅力的なのは世界中で様々なフリーソフトが開発されていることである。Muchy'sというサイトが有名。ここにあるソフトを使えばとにかく色々できる。好きなようにカスタマイズでき、便利だし楽しい。
 文字入力は画面をペンでなぞっておこなう。「グラフィティ」という独特の一筆書きアルファベットを覚える必要があるが、簡単に慣れる。ソニーは独自にミニキーボードも付けた。これが意外に便利。
 というわけで肌身離さず持ち歩いているわけだが、今日のようにバッテリーが切れるとどうにもこうにもお手上げだ。

 ─バッテリー依存症である。現代病のひとつか・・・うぅ、ケータイまでバッテリー切れ・・・><

追記:スケジュール帳データは過去のモノも全て移行してある。1994/8からのスケジュール(&ミニ日記)が残っている。たまに眺めると楽しい。過去日記、実は本ブログのネタ帳にもなっている(笑)
[PR]
# by arly1970 | 2004-10-22 19:54 | 日記

12年のタイムトラベル料金

b0007815_23464246.jpg

 今宵、都合により単身にて遅い晩ご飯をとることに。

 ふと思い立って、清瀬に越して以来毎日横目で眺めつつも入る機会のなかった「松屋」に立ち寄ってみた。
 松屋と言えば大学時代、高田馬場駅への帰り道、おなかを空かせてふらりと吸い込まれるようによく立ち寄った店。「トン定(とんてい)」と称する豚焼肉定食(注※超薄切り)がお気に入りのメニューだった。別椀に大盛りにされたサラダに、ヤケに粘度の高いフレンチドレッシングをふんだんにかけてザクザク味わったことを懐かしく思い出した。
 そのトン定、12年経た今も健在であった。迷わず食券を買う。「トン定一丁~!」とホールにコールされる。ワクワク。待つこと30秒足らずで全ての品が運ばれてきた。変わらぬ外観。あの頃と同じように惜しみなくドレッシングをかけ、サラダからガツリと味わう。

 わ。変わらない味!続いて焼き肉に箸をつける。変わらない!
どうしたことだろう?一瞬にしてあの頃の空気が蘇った。大教室の喧噪、サークルの部室、図書館の静かなノイズ、学内掲示板までの緩やかなスロープ。次々とフラッシュバックする映像と音、空気感…。

 音楽や香りには、その時代の空気を真空パックのように保存して、封を切ると鮮やかに再現してくれるチカラがあることはよく知っていた。まるでタイムスリップのように。
 食べ物にも同じチカラがあるなんて…。

12年のタイムトラベル料金―――490円也。


#本日ケータイでの初ブログ投稿により、締め切りギリギリセーフ。
[PR]
# by arly1970 | 2004-10-21 23:46 | 日記

翠花

無邪気に笑うカオ。

たとえ、僕達が不機嫌なときでも、笑顔を絶やすことなく。

全く意に介さないふうにニコニコしながら動き回っている。

5歳の頃の僕は、こんな笑顔をしていたっけ。

見比べる写真。

確かに似ている。

でも、僕達は今、どうして笑顔を忘れがちなのかな。

彼女に教わること、たくさんある。

翠花、今日の作品・・・


[PR]
# by arly1970 | 2004-10-20 20:16 | ファミリー

とうとう・・・

b0007815_18273627.jpgb0007815_2022726.jpgウチの翠花クンもハマっちゃいました。Snow Flake。
でも、せっかく出来上がったのに保存し損ねたみたいで、この後ちょっとぶんムクレ。

今日はお菓子作りの名人アリ嬢から作品届きましたので掲載

b0007815_192493.jpgそれにしても台風。台風。台風ですね。23号。ひまわりで見てもメチャクチャでかい!!
今頃、沖縄本島付近を通過している頃かしら。その後は「南西諸島にそって北上し、明日、西日本から東日本の太平洋沿岸に接近する見込み」だそうです。

ちょっと気になる映画<オールドボーイ>
─ごく平凡な人生を送っていた男オ・デスはある日誘拐され、意識を取り戻すと狭い監禁部屋にいた。その後15年間、理由もわからないまま監禁され続け突然解放される。一体誰が、どんな目的で。若い女ミドの助けを借りて復讐を誓うデスのもとに突然現れた男ウ・ジン。彼はデスに5日間で監禁の理由を解き明かせとお互いの命を賭けた「ゲーム」をもちかける。そこには想像を絶する恐るべき策略が張りめぐらされていた。─

2004年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。韓国経由でハリウッド映画化されましたが、原作は日本のコミックだそうですね。韓国ブームとは縁遠いワタシですが・・・復讐モノ、結構好きデス。

さて。オフィスから窓の外を見れば雨。もうひとシゴトしてトボトボと帰りますかの。
[PR]
# by arly1970 | 2004-10-19 20:02 | 日記

アーティフィシャルな美と、レモンウェハース

b0007815_19591834.jpg 今日も嬉しい秋晴れ。しかし朝はコートを着てもいいかな、と思ったくらいの肌寒さ。通勤途中、思わずひなたを求めて歩いてしまうほどだった。
 朝一番の仕事は、営業マンの商談サポート。営業車に同乗して江東区の会社へ。和やかに商談を終えた後、営業マンと別れ、東京メトロ辰巳駅から有楽町線へ乗車。明日締め切りの企画書類を仕上げるため、集中できるいつもの丸の内カフェへ移動した。
 それにしても、辰巳駅入口は深い木々の緑に埋もれるように存在しており、なんだか非日常的な雰囲気だった(右photo)。これら緑の正体は「辰巳の森緑道公園」。まるでリゾート地のような緑の潤沢さ。後ろを振り返れば、首都高速の高架が広い空を上下に分断するように真横に伸びており、これまた近未来的な雰囲気。この地点は高速湾岸線と深川線が交差する辰巳ジャンクションだ。また、はるか左前方にはぽつりとそびえたつ高層ビルディング。
b0007815_19595518.jpg ─造成された緑。地下鉄入口。高層ビル。高架道路─。これらが、大自然の象徴である青い空にたなびく白い雲と対立しつつも、不思議なバランスで調和しており、アーティフィシャルな美を感じる光景であった。(などと文字にすると長たらしいが、これらが頭の中を駆け巡ったのは1分足らずであります。)

b0007815_2003221.jpg 丸の内カフェに着いて最初にしたのは、ベンディングマシーンに常備しているマナー社のレモンウェハースを食べること。木々の緑が少しばかり黄色味を帯びているのをみたとき、このパッケージを連想して食べたくなったのだ。なんて単純。しかし美味しい。レモンの爽やかな香りとベタベタな甘さ。甘いものキチガイにはたまらない美味。ちなみにマナー社はオーストリアの会社でウェハースの世界シェア55%をも占めるガリバー企業なのデス。凄い!

追記:本日のSnow Flake。mixiのコミュ仲間、いっちゃんより届いた作品を掲載。
さて、もう一シゴトしたら帰ろう・・・。
[PR]
# by arly1970 | 2004-10-18 20:11 | 日記

素敵なお天気の日曜日

b0007815_18453590.jpgb0007815_18454330.jpg素敵なお天気の日曜日。
少し寒いけれど太陽はとても暖か。
午前中はムスメを連れて近所の公園へ。
彼女はあいかわらず、
その辺の子供たちと友達になって勝手に遊び回っている。
だから僕は陽の光をさんさんと受ける暖かいベンチでうたた寝。
緑の木々の隙間の木漏れ日が眩しい。
地面に映る木々の影がやさしく揺れる。
光と影が織り成す陰影が美しくてため息が出る。
b0007815_18464910.jpgb0007815_184729.jpg向こうに我がマンションが見える。
緑多きこの街に住むことの幸せ、
こんな素敵な日曜日には心から感じる。

午後からはひまわりファミリーが遊びにやってくる。
さぁ、紅茶を淹れておもてなしの準備だ。

─素敵なお天気の日曜日─。


追記:Snow Flake、遊びに来たひまわりのダンナ様、のりちゃんもチャレンジ。これまた綺麗に出来てます。
[PR]
# by arly1970 | 2004-10-17 19:07 | 日記

ショコラバー・パスカルカフェ

 待ちわびた秋晴れもわずか一日限定でしたネ。今朝は長袖のシャツを着ただけでは寒いくらい。もう一枚何か羽織ろうかどうしようか迷って、結局そのまま出かけたところ、朝のうちはチョット寒さが身に染みました。今日は翠花のピアノレッスンの日なので、二人でたまプラーザまで出かけました。

b0007815_2065022.jpg レッスンを待っている一時間、ヒマなので*フリーペーパーを眺めていたら、ふと目に留まったのがチョコレートの記事。何しろチョコレートには目がないもので・・・。
b0007815_2074310.jpg 記事が伝えるところによると・・・シャンパンで有名なフランスのシャンパーニュ地方に、トロアという街があるそうです。この街に店舗を構える「ショコラバー・パスカルカフェ」が、いよいよ日本橋高島屋にオープンするとのこと。写真、不鮮明ですけれど、キュートでエレガントなカタチのショコラがイロイロ。なかには、シャンパーニュ地方にちなんでシャンパンのフタを型どった『キャプシュール シャンパーニュ』なんて名前のものもあって楽しい。砂糖を極力使わず、カカオの風味を生かし、後味も良いのが特長だとか。こんなエレガントなショコラをシャンパンとのマリアージュで楽しめたら素敵かも・・・。
(右写真は先日ル・ブルターニュで飲んだBABY PIPER。シャンパンなのにリンゴか梨のようなほのかな芳香があり、上品な泡立ちが印象的でした。ボトルに黒&金のストローを直接刺して飲むのが粋なパーティースタイルなのだそうです。これとパスカルカフェ、合わせてみたいな。)
あ、ちなみにパスカルカフェはパティシエ&ショコラティエである男性の名前です。カフェ=喫茶店と間違えてしまいそうですね。

b0007815_20382334.jpgb0007815_19362361.jpgb0007815_1936525.jpg さて、ピアノレッスンが終わると、あざみ野から横浜市営地下鉄に乗って、近くの「センター北」まで出向きました。ココはTVドラマでもよく使われる新しい街で、観覧車のある阪急デパートが街のランドマークになっています。
 見上げたらそこに観覧車があれば、当然翠花も乗りたがるわけで、ゴンドラの中でご覧のようにご満悦の様子。

b0007815_20424953.jpgb0007815_2043053.jpg 阪急デパートの中には懐かしい駄菓子屋もあり、そこでは彼女も自分のお小遣いで少し買い物を楽しんでおりました。4円予算オーバーしちゃったみたいだけれど(笑)
 その後、おなかが空いたというわけで、「新福菜館」で遅いランチタイム。ココの福菜麺、褐色が強くて見栄えはイマイチなのですが味はおいしい。鶏がらスープの出汁はあっさりなのですが、コクのある醤油を使っているのか力強い味で、太目のストレート麺、たっぷりのチャーシューとネギに絶妙にマッチしておりなかなかの美味。スープも二人ですべて飲み干しました。
 はぁ。今日もご馳走さまデシタ!!

*metoropolitana 10/october 2004 vol.22



追記:Snow Flakeのサイト、最初にアーリーに教えてくれたtayutafuさんから作品いただきました
annからも作品届きました。上記のリンクと同じトコロ(10/15の日記)に掲載してあります。
[PR]
# by arly1970 | 2004-10-16 21:19 | カフェ・スィーツ

リベンジ~Snow Flakes!

b0007815_16153380.jpg5:50a.m. いつもどおり目覚める朝。
b0007815_1617317.jpg薄いカーテン越しに差し込む光が少し眩しいことに気付く。
あれほど恋焦がれた太陽とようやく出会うことができた。
昨日の2年4ヶ月ぶりの部分日食も、
東京では雲のせいで観察することができなかった。
実に9日ぶりの晴れ間。
通勤途中のいつもの道さえ、キラキラと陽光に輝いて別の顔に見える。
思わず写真をパチリ、パチリ。
単純なことだけれど、太陽のエネルギーって大きい。
地球を温めるだけでなく、人間の気持ちさえもウキウキと昂揚させてくれる。

さて、今日はリベンジ。
昨日の"Snow Flake"のデキがあまりに悪かったので。悔しさのあまりリベンジなのだ。
で、品評会。メールでのご参加、ありがとうございました。


b0007815_17384384.jpgb0007815_17385377.jpgb0007815_17393450.jpg
b0007815_17395081.jpgb0007815_1740252.jpgb0007815_18584494.jpg

b0007815_23414369.jpgb0007815_28481.jpgb0007815_19282661.jpg
b0007815_19522688.jpgb0007815_10471551.jpgb0007815_20244634.jpg
10/16追記:Snow Flakeのサイトを最初に教えてくれたtayutafuさんからも作品いただきました。
うーん。さすがです。ストーリー性を感じます。というわけでアーリーのショボイセンスで申し訳ないですがクリスマスっぽいイメージの背景に勝手にしてみました。さらにその右はannから。これも繊細。なんでみんな才能あるの??
10/17追記:遊びに来たひまわりのダンナ様のりちゃんもチャレンジ。オシャレ!
10/18追記:mixiのコミュ仲間、いっちゃんの作品掲載。エレガント!
10/19追記:アリ嬢の作品掲載。これまたキュートでオシャレ~。
10/20追記:suikaの作品を掲載。
[PR]
# by arly1970 | 2004-10-15 18:21 | 日記