<   2004年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大好き!

b0007815_1132284.jpg
寄り添ったときの
香水と髪と太陽のにおいが好き

待ち合わせで僕をみつけたときの
はじけるような笑顔が好き

落ち込んでいるときの
包み込むまなざしと穏やかな微笑みが好き

手をつないで歩くときの
真冬でもふんわり暖かなのが好き

見送ってくれるときの
小さな点になるまで手を振ってくれるのが好き

たまに遠出するときの
お寝坊さんなのに早起き頑張っちゃうのが好き

おいしいもの食べてるときの
「シアワセっ」てカオと身振りが好き

見つめあうときの
大きな瞳とカールした長いまつげが好き

ためらいがちにkissするときの
ぼんやりした視線とため息が好き

激しく抱き合って揺れるときの
甘くて切なげな声が好き

君の心、顔、声、体、仕草、香り
すべてが・・・大好き!

[PR]
by arly1970 | 2004-10-31 21:29 | 詩・散文

飽きれるくらい長いkissを・・・

b0007815_1528948.jpg
キャンドルの芳香
ゆらめく炎
ささやきかける歌声に包まれ
初めてあなたを
好きだと気付いた

繰り返し繰り返し
訪れる晩毎に
募るばかりのあなたへの想い

今心通い合って
そばにあなたがいて
この歌を一緒に
聴くことのできる幸せ

あなたの小さな心の揺れも
余さず感じ取って
包み込める僕でいたい
僕があなたを
あなたが僕を
愛した心 誇れるように

飽きれるくらい長い
長いkissを
どうかください

[PR]
by arly1970 | 2004-10-30 22:33 | 詩・散文

君を感じていたい

b0007815_2001187.jpg
もっと近くに君を感じていたい
まばゆい光降り注ぐこの部屋で
わかり合えること 信じ合えること
確かめ合った今も

初めて待ち合わせた日
別れ際の改札で
少しはにかむように
うつむく君にkissした

驚いたように僕を見上げた後
とびきりの笑顔見せてくれた
ホームへの階段
弾む後姿よみがえる

*もっと近くに君を感じていたい
まばゆい光降り注ぐこの部屋で
わかり合えること 信じ合えること
確かめ合った今も

いつも抱きしめるたびに 
君のにおい感じてる
想い出のパルファムと
太陽と髪の香り

遠く離れてる時もどんな時も
君だけの香り 君の笑顔
思い出している
一緒にいること感じてる

*Refrain

[PR]
by arly1970 | 2004-10-29 21:24 | 詩・散文

切なくて逢いたくて

b0007815_120541.jpg
「行ってきます」と一言だけ告げ
夕刻の翼で飛び立った君
言葉と心のすれ違い消せないままに

切なくて 切なくて
こんなにも切なくて

眠れぬまま迎えた朝の空
これほど青く澄み渡っているのに
身を切られるほどに心切ない

いつか二人で訪れた海
波のざわめきと耳元で僕を呼ぶ声
空耳が幾重にもこだましている

思い出している あの日
はるか遠くの国から
君のいる東京へつながった電話
はじけるようにまぶしい笑顔
受話器越しに伝わってきたこと
まるで昨日の出来事のように

逢いたくて 逢いたくて
こんなにも逢いたくて

でも君は今とても遠くて

[PR]
by arly1970 | 2004-10-28 12:27 | 詩・散文

おかしな空:雲比

b0007815_15425580.jpgたまにはバルコニーから朝の空を眺めてみる。

いつもの空と反転したような空:雲比がチョット気持ちワルイ。

今日もいちにちがはじまろうとしている。


追記1:中越地震、心痛む災害です。今日もまた震度6が発生したとか。
    これ以上被害が広がらないよう祈るばかりです。(ワンクリック募金サイト→ココ
b0007815_20201228.jpg

追記2:試しにphotoshopで反転させて(完全ではありませんが)着色してみました。こんな空、ほんとうにありそう!
[PR]
by arly1970 | 2004-10-27 08:17 | 日記

試験にワクワク

b0007815_2351447.jpg 我が勤め先はメーカーであり、品質保証の国際規格であるISO9001:2000の認証を生産部門だけが取得しているのだが、このたび、営業所まで含め、全社をあげて取得しようということになった。当然ながら、社員は色々な勉強が必要になる。そしてもちろん、理解度を把握するための試験が頻繁に実施される。これにワクワクなのである。考えてみると、我が社には昇進試験などはないので、入社以来、試験らしい試験といえば、自主的に受けた情報処理のシステムアドミニストレータ試験くらいか。
 「試される」ことの快感を忘れかけていた。それが再びやってきた。今日で2回目。「一体、何が好きなのだろう」と自問する。
─試験前のお祭り騒ぎにも似たドタバタ感。開始直前の諦めを含んだざわめき。試験中の息を飲むような静寂。カリカリと筆記具を走らせる音。そして何より試験結果の発表こそ何ものにも代えがたいワクワク─。我ながらおかしな趣味だと思う。

 大学受験の時を思い起こしてみた。意中の大学の入学試験では、必死も必死なのであまり楽しめた記憶はない。死に物狂いで(ちょっと大げさ?)マークシートを塗りつぶし、でっちあげの小論文をカリカリと書いた。暖房が妙に暑く、思考が停滞して真剣にあせったことを鮮明に覚えている。
 本当に楽しめたのは、受験前に受けた何度かの全国模擬試験だったと思う。試される楽しさ。全国何万という受験者中、自分が何番目だったかがつまびらかにされるオモシロさ。主催者の個性も色々あって味わい深かった。駿台予備校、河合塾、代々木ゼミナール、そして唯一アーリーが受講していた通信教育のZ会の即応模試
 思えばZ会の模試会場だった大学。一日がかりで終えた模試の後、ふと見上げた、天にそびえたつ時計台のある大きな講堂。黄昏時にバックライトで浮かび上がる時計の文字盤をみつめていたら、なんだか妙に感極まって「絶対ここにまた来よう」と柄にもなく決意したんだった。12年前のデキゴトか。

 翻って現在。ISOの本審査がある春までは、隔週毎に試験はある。ワクワクはしばらく続く。
[PR]
by arly1970 | 2004-10-26 23:52 | 日記

±0

b0007815_15322253.jpg 「プラスマイナスゼロ」と読む。以前から気になっていた、プロダクトデザイナー深澤直人氏のデザインプロジェクトの名称だ。家電や雑貨を中心に次々と製品群を産み出し、ネット上のオンラインストアで販売している。ムダを削ぎ落とし、洗練された機能美が印象的な製品群だ。感性に直接訴えかけてくるし、何より所有欲が湧いてくる。
 ±0のコンセプトは、『製品の「機能」に「センス・オブ・ユーモア」という感性に訴えかけるエッセンスを加えたもの』だという。美味しいものを食べたときに人は自然に笑顔になる。身体を維持するためにエネルギーの摂取と同じではなく、美味しいものを食べたときに得られるのと同様な満足感を与えてくれるもの。「センス・オブ・ユーモア」という「味」で、笑顔になってもらえるもの作りを目指しているそうだ。(photo左はポータブルMDプレイヤー)

b0007815_2233832.jpg そんな±0であるが、「東京カレンダー12月号(アクセスパブリッシング社)」をパラパラとめくっていたら、洗練されたイメージのページにふと手がとまった。それは10/1北青山にオープンしたという±0初の直営店舗の写真だった。
 これだけでもじゅうぶん魅力があるのだが、さらに興味深いことに、併設されたカフェがあるという。そこでは、10/16のブログで紹介したパスカルカフェ氏のショコラが味わえるらしい。±0オリジナルの「PASCAL CAFFET FOR ±0 ショコラ ボンボン」は、フランボワーズ、デ・ベルガモット、キャラメルなど6フレーバーを1箱に詰めたもので、6粒入1箱1,680円だとか。やや、お高いか?!

 とはいえ、ぜひとも訪れてみたいところだ。


東京都港区北青山3-12-12 HOLON-R
ショップTel 03-5778-5380/カフェTel 03-5778-1801
ショップ11:00~19:00/カフェ11:00~21:00、土日祝~19:00
水曜休
photo引用:±0ホームページ


[PR]
by arly1970 | 2004-10-25 18:20 | グッズ

いちばんたいせつなもの

b0007815_19373242.jpg

曇り空の ためらいがちな朝焼け
ぼんやりと眺めながら ひとり考える
この世の中で わたしにとって
いちばんたいせつなものは なんだろう
わた菓子のように 空にたゆたう
うっすらと色づいた雲を 見ていたら
たいせつな たいせつな
よく見知った顔 浮かんでは消えた
[PR]
by arly1970 | 2004-10-24 19:37 | 詩・散文

音楽つながり

b0007815_073739.jpg 南武線沿線に住む、アーリーが以前所属していたバンドのコーラス嬢ゆき夫妻のお宅へ遊びにお邪魔しました。
 旦那様は、彼女がバンマスを務めるもうひとつのバンドのキーボーディスト。寡黙で優しさのにじみでる素敵な方。それに加えて、同じバンドのベーシストふぢ氏とその弟君の5名で飲んでおしゃべりしての楽しいひとときを過ごしました。持参した沖縄特産泡盛に合うようにと、ゴーヤチャンプルーを用意していてくれたことには大感激!気配り上手の彼女ならではのおもてなしでした。

 ちなみに、ゆき嬢を除く彼らとは、インターネットの掲示板を通じて文字のお付き合いはあったのですが、顔を合わせるのは今日が初めて。なのに初対面の感じがさほどしないのは、やはり音楽という共通言語のなせるわざか。
 日頃なかなかできないベーシスト談義。同じベーシストのふぢ氏とできたのは嬉しい体験でした。

 気がつけば夜もふけていて、思いがけず遅くなってしまったため、本日もケータイからのお手軽ブログにて失礼をば。もう少しで我が家到着デス。

b0007815_075278.jpgTo.ゆき夫妻
今日は遅くまでお邪魔しました。散らかしっぱなしでごめんなさい。お食事どれも美味しかった。旦那様、途中で差し入れてくれたペッパー風味のチーズ、美味でした。最後に出してくれた稲庭うどんも絶妙デシタ。
11月のライブ楽しみにしているよ~。
右photoはゆき作、ハロウィーン生花。Jack O' Lanternもキュート。
[PR]
by arly1970 | 2004-10-23 23:56 | 友人

バッテリー依存症

b0007815_1820492.jpg 参った。商談の際、次のスケジュールを確認しようとして慌てた。手元のスケジュール表が真っ黒なのだ。と言っても、売れっ子タレントのように多忙だからという訳ではない。電子手帳の画面が点灯しないのだ。予期せぬバッテリー切れ。えらくブートに時間のかかるパソコンを起動しないと予定さえ確認できないとは・・・全く情けない。
 自他共に認めるITグッズフリークである。なかでも電子手帳の類は10年ほど前から(当時は初代ザウルスPI-3000)肌身離さず持ち歩いている。昨今では「パームトップコンピュータ」という洒落た呼び名があるようだ。(てのひらにのるコンピュータという意味ですね)
b0007815_1913041.jpg アーリーが今使っているお気に入りは、ソニー製のCLIE PEG-TG50というモデル。コンパクトで薄型軽量ながら、イザというトキのキーボードも付いていてなかなか使いやすい。
 基本機能は、スケジュール帳(photo右)、電話帳(名刺帳としても使える)、メモ帳、TO DOリストである。最大のポイントはパソコンのデータと簡単にシンクロナイズ(同期)できること。クレードルと呼ばれる充電器を兼ねた台座についたボタンを押すだけで、パソコンにインプットしたデータはクリエに送られ、クリエにインプットしたデータはパソコンに送られ、常に両者が同じデータを保持することが可能になる。これ、とっても便利で一旦使うと手放せない。(photo右下はPC用のOutlookのスケジュール帳画面。ぴたりと同期が可能。)

b0007815_1921020.jpgb0007815_19481764.jpg また他にも様々なソフトが使用可能である。毎日使っているのはMP3プレイヤー(photo左)。メモリースティックを搭載しており、ヘッドホンステレオとして使える。小さいながらスピーカー再生も可能。またちょっとしたムービーも再生できるし、ボイスレコーダーとしても使える。辞書機能もある。
 さらに魅力的なのは世界中で様々なフリーソフトが開発されていることである。Muchy'sというサイトが有名。ここにあるソフトを使えばとにかく色々できる。好きなようにカスタマイズでき、便利だし楽しい。
 文字入力は画面をペンでなぞっておこなう。「グラフィティ」という独特の一筆書きアルファベットを覚える必要があるが、簡単に慣れる。ソニーは独自にミニキーボードも付けた。これが意外に便利。
 というわけで肌身離さず持ち歩いているわけだが、今日のようにバッテリーが切れるとどうにもこうにもお手上げだ。

 ─バッテリー依存症である。現代病のひとつか・・・うぅ、ケータイまでバッテリー切れ・・・><

追記:スケジュール帳データは過去のモノも全て移行してある。1994/8からのスケジュール(&ミニ日記)が残っている。たまに眺めると楽しい。過去日記、実は本ブログのネタ帳にもなっている(笑)
[PR]
by arly1970 | 2004-10-22 19:54 | 日記