昨今の「人生ゲーム」模様

b0007815_20562320.jpg 今日も曇り空が晴れない一日でしたね。一日自宅で過ごす日曜日でした。翠花と遊びに興じることしばし。右はピサの斜塔ゲーム。4階分ある斜塔のヘリ部分に人間のカタチをした錘(おもり)を乗せていき、バランスを崩して倒したら負け、というゲーム。シンプルですがわりあいハマります。かなり真剣にやってるのに崩れると思わず地団太踏みます。

b0007815_210277.jpg で、そんなのに飽きると、ちょっと前に買ってほったらかしにしておいた「人生ゲーム」で遊ぶことに。人生ゲームやったことないヒトっているのかしらん。アーリー達の世代ではメチャクチャメジャーなゲームのひとつでしたね。その割合新しい(と思われる)バージョンがコレ「人生ゲームEX(エクストラ)」。クルマに乗って、ルーレットを回して出た数の分だけクルマを進め、マス目に書かれた指示に従っていくという基本ルールは昔と変わらない。見た目もね、ほら、ほとんど変わっていないでしょう?
 しかし、それぞれのマス目にかかれた「指示」は世相を反映してか予言してなのか、大きく様変わりしていてちょっと笑える。例えば・・・


b0007815_2173616.jpg ・恋人とデート。イタメシ代$3,000払う。
 ・エステに通う。$1,000払う。
 ・コンビニ強盗を捕まえ、謝礼金$10,000もらう。
 ・インターネットで自分のホームページを作る。$2,000払う。
 ・携帯電話を買う。$9,000払う。
 ・テーマパーク渋滞にはまる。1回休み。
 ・アトラクション故障。迷惑料$3,000もらう。
 ・近所のよしみで右隣の人と家を交換する。
 ・消費税アップ!全員$5,000を銀行に払う。
 ・結婚10年!!スウィートテンダイヤを買う。$100,000払う。
 ・ナンバーズが当たり、$45,000もらう。また、両隣に$5,000づつ払う。
 ・開発したまずい健康ドリンクがヒット。$30,000もらう。

b0007815_2138349.jpg まぁ、イタメシ代というのが、昨今の適切な言い方なのかはよくわかりませんが、アトラクション故障なんて、最近の事故を予言していたようでなんだかシュール。うーむ。スウィートテンダイヤかぁ。我が家も来年はそんな年だったりして。しかし、$100,000ってどんなやねん!!それとスゴイのが近所のよしみで隣のヒトと家を交換?!どんな趣味じゃ。あと子供の教育上どうなのかな?と思うのは職業によって月給が決められている点。こういう決め付けって職業上の偏見を持たせるようにならないのかしらー。チョット心配。まぁ、遊びといえば遊びなのですけれど。
サラリーマン:$8.000/デザイナー:$10,000/先生:$12,000/プログラマー:$15,000/医者:$25,000/政治家:$30,000

 んで、最後にやってくる人生の「決算」ですけれど、確か僕らの世代では、「子供一人当たりいくらかで売り飛ばせる」んじゃなかったっけ?幼な心に、それっていいのかしらん?といぶかしく思った記憶があるのですが。その決算方法は「人生ゲームEX」ではなくなっていました。やっぱり人道的見地から何か問題あったのでしょうかねぇ。めでたし、めでたし。
 結局アーリーは月給$8,000のサラリーマンとなり、右上のようなマンションを購入することになりましたよ。ええ、ええ、そうですとも。ちょうど今住んでいるのがこんな感じのマンションですとも。ローン35年のね!
 はー。現実世界のような人生ゲームだったけれど、明日からは仕事。ホンモノの現実世界に戻らなくっちゃ。ちなみに翠花クンは約束手形を$400,000分も抱えて自己破産。「開拓地」というトコロに送り込まれてしまうハメに。ゲーム後、ベッドの上でこちらに背中をむけてすすり泣くことしばし。負けずにしっかり育てよ、ムスメ!!
[PR]
by arly1970 | 2004-09-26 21:59 | ファミリー


<< Rainy Days And ... 「美術館とカフェ」の組み合わせ... >>